pring(プリン)って何?メリットやデメリットも紹介

スマホ一つで決済できる、様々な決済サービスが増えてきています。

 

pringは、その中でも独特な存在感を出しており、とてもわかりやすく、シンプルな作りをしています。

 

決済アプリは難しい言葉が多く敷居が高く感じますが、pringはユーザーが親しみやすいように作られているのです。

 

今回は、pringとは何なのか、また、pringはどんなメリットやデメリットがあるのか紹介しましょう。

 

pringとは?なにができるの

 

pring(プリン)とは、2018年3月に登場した決済アプリです。

 

キャッチコピーは「お金のコミュニケーションアプリ」となっており、お金をやり取りする時にチャット機能が使えるということがpringの最大の特徴です。

 

pringはとてもシンプルな作りをしており、送受金の機能は「お金を送る」「お金をもらう」「お店でお金を払う」の3つだけとなっています。

 

銀行口座直結のためお金の使い過ぎを防ぐことができ、また、チャージしたお金を銀行に戻すこともでき、非常に便利です。

 

pringは、お金を送ったり、貰ったりする際に、チャットでお互いにコミュニケーションをとることができます。

 

他の送金アプリでもメッセージ送受信自体は可能ですが、1度の送受金に対して1回のメッセージのやり取りが多いです。

 

prinでは通常のチャットアプリと同じように、制限なくメッセージのやり取りが可能となっています。

 

チャットを通してお金のやり取りがスムーズに行えるので、お金のやり取りの際に発生する気まずい雰囲気やストレスを感じることなく、双方が納得してお金のコミュニケーションをとることができるでしょう。

 

また、Pringでは定期的にキャンペーンを行っており、対象期間中にアプリを友達に紹介すると、招待した人、された人に500円がプレゼントされます。

 

pringのメリットって何?

 

pringのメリットは、手数料が0円ということです。

 

お金を送る、もらう、お店で払うチャージする、口座に戻す、そのすべてを無料で行うことができます。

 

他社のアプリの場合は、銀行口座にお金を戻す時に300円程度の手数料がかかります。

 

pringは手数料が無料なので、お金が通る時の摩擦がなくなり、気軽に送金したり受け取ったりすることができるのがpringの魅力の一つとなっているのです。

 

そして、pringの最大のメリットと言えば、メッセージ付きでお金のやり取りができるということです。

 

実家の仕送り、友達へのプレゼントなど、ただお金を送るだけではとても味気ないものになってしまいます。

 

お金のやり取りというのはいざこざが発生しやすいですが、お金を送った時に「ありがとう」などの謝礼があれば、お互い気持ちよくお金のやり取りができるでしょう。

 

また、pringはデザインがシンプルで使いやすく、操作方法がとても単純なので、送金アプリ初心者や、あらゆる年代の人に勧めやすいのも大きなメリットです。

 

pringのデメリットとは?

 

pringのデメリットは、使用できる銀行が少ないということです。

 

銀行が少ないので、対応している銀行口座を持っていないとPringの機能が利用できなくなってしまいます。

 

順次対応銀行は増えていくとのことですが、現状では使える銀行が限られています。

 

対応する銀行が少ないと、Pringの利用を知人にも勧めにくくなってしまうでしょう。

 

参加者や企業が少なければ、アプリを利用する人は少なくなり、どうしても使いづらくなります。

 

また、Pringはクレジットカードからチャージすることができません。

 

加盟店が少なく、クレジットカードからチャージできないので、アプリを利用したくてもできない人もおり、まだまだ入り口が狭いのがデメリットと言えるでしょう。

 

pringはこんな人におすすめ

 

pringは、お金を送る、貰う、払うという3つの機能だけなので、初心者でも簡単に操作することができます。

 

また、感謝のメッセージなどを自由に送れるチャット機能はすごく便利です。

 

まだまだ利用者や利用できる店舗は少ないですが、お金をコメント付きで楽しくやり取りしたい、難しい操作は嫌い、手数料がかからないのが嬉しいと感じる人は、pringがおすすめです。