PayPalって何?仕組みやメリット・デメリットを解説

日本以外の国ではオンライン決済が主流になっている国も多く、様々な送金アプリが登場しています。

 

その流れが波及して、日本でも徐々にオンライン決済が広まりつつありますね。

 

ただ、送金アプリってどんなものかよくわからない…という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回、世界で2億5000万人以上が使用しているオンライン決済代行サービスであるPayPalを紹介します。

 

PayPalの仕組み

PayPalを使用するには、まずアカウントに新規登録をする必要があります。

 

登録は無料です。次に、支払方法を登録します。

 

支払方法はクレジットカード、デビットカード、銀行口座から選べます。

 

商品の売り手と買い手の両方がPayPalのアカウントを持っている場合、メールアドレスを通じてお金のやり取りを行います。

 

アカウントを登録する際に、そのアカウントをメールアドレスに紐づけします。

 

そして買い手は、相手のメールアドレスにお金を送る手続きをします。PayPalではこのようにお金がやり取りされます。

 

またPayPalに登録すると、PayPal残高(自分のアカウントに保有しているお金)で取引ができます。

 

残高がない場合でも、クレジットカードを登録していればクレジットカードでの決済が可能です。

 

PayPalのメリット

「え、クレジットカード決済との違いって何?」「クレジットカードを決済に使用するなら、PayPal使う必要ってあるの?」と思われた方もいるかもしれません。

 

PayPalを使用するメリットの一つに、支払相手にクレジットカードの情報や銀行口座の情報が伝わらないことが挙げられます。

 

PayPalの決済では、相手もPayPalのアカウントを持っている場合は、相手のメールアドレスが分かっていればPayPalでお金のやり取りができます。

 

特に通販サイトなどを使用する際にいちいち個人情報やクレジットカード情報を登録するのは手間がかかりますが、PayPalを使えばこの悩みも解消されます。

 

また、PayPalでクレジットカードを利用して支払いをする場合、クレジットカード会社のポイントもたまります。

 

決済代行サービスの中には、ポイントがたまらないものもあるので、大きなメリットですね。

 

さらに、PayPalは買い手のサポートもしっかりしています。

 

通販などで買い手に商品が届かなかったときや、劣悪な商品が届いたなどのトラブルがあった場合、条件を満たせばPayPal側が商品購入代金と配送代金を返金してくれる買い手保護制度があるので安心です。

 

海外の通販サイトでの買い物がしやすいというメリットもあります。

 

海外のサイトを使う際は様々な制約がありますよね。例えば、サイトに日本語表記がなくて個人情報などの入力の仕方がわからなかったり、何かトラブルがあったときに対処できなかったり、そもそも日本のクレジットカードが使えなかったりということも起こり得ます。

 

PayPalを使って決済すれば、そんな心配なく買い物ができます。

 

PayPalのデメリット

 

一方で、PayPalにもデメリットがあります。

 

1つ目のデメリットは、フィッシングメールのターゲットになってしまう可能性があるということです。

 

PayPalはクレジットカードの情報などを取り扱っている大手サイトなので、ハッカーの標的になることも十分に考えられます。

 

悪意を持った者がPayPalのパスワードを盗み取るためにPayPalを装ってメールを送り付けてきた際に、うっかりパスワードを教えてしまうと、PayPalの残高のお金が使用されてしまう可能性が高くなります。

 

IDやパスワードは厳重に管理する、不審なメールに注意するなどの心掛けが必要です。

 

また、PayPal上では、分割購入をすることができません。

 

分割購入をしたい場合、決済後に直接クレジットカード会社に連絡して分割払いにしてもらう必要があります。

 

PayPalという送金アプリのまとめ

 

いかがでしたか?
PayPalにはもちろんメリット・デメリット両方ありますが、とても便利なサービスと言えます。

 

特に、海外のサイトで商品を購入する場合などに重宝するでしょう。

 

日本でもこれからオンライン決済が主流になってくるだろうと言われています。

 

年会費や新規登録料も無料なので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。