paymo (ペイモ)の特徴と利用におけるメリットと注意点

インターネットや携帯電話の普及に伴って、専用のアプリを使って個人同士で金銭のやり取りが気軽に行えるようになっています。

 

そんな数多くあるアプリの中でも、大人数の食事会などの支払いに最適と言われているのがpaymoです。

 

そこで今回は、paymoのサービスや特徴を紹介すると共に、利用におけるメリットや注意点について詳しく解説してきます。

 

paymoの特徴と使い方

 

paymoは個人同士の金銭のやり取りを銀行などの金融機関を通さずに行うことができる携帯アプリです。

 

需要の増加に伴ってこうした金銭のやり取りが気軽に行えるアプリが増加傾向にある中で、paymoが人気となっている理由の一つに割り勘に特化している点が挙げられます。

 

一昔前であれば、会社や親しい友人との食事会などで費用の総額を参加者全員で支払う割り勘は現金での受け渡しが一般的でしたが、このアプリはデータの送受信でやり取りを行えるのが特徴です。

 

やり方は、まず最初に飲食に掛かった費用を代表者が支払ってレシートを受け取ります。

 

支払い後にアプリを起動させてレシートを携帯のカメラで撮影、総額の入力を行って参加者全員に送信です。

 

参加者は受け取ったデータを基に精算作業を行うと代表者のアプリ内に残高という形でお金が貯金されていく仕組みになります。

 

貯まったお金は次の支払いに利用できるだけでなく、銀行の口座に送金して現金として受け取ることも可能です。

 

利用におけるメリット

 

アプリの利用で大きなメリットとなるのが金銭のやり取りによるトラブルの回避です。

 

割り勘のやり取りを現金で行なう場合、一人ずつ集金をすることで時間や手間が掛かってしまう上に、人数が多くなるほど貰い忘れが起きやすくなってしまいます。

 

その点、このアプリを使えば簡単な操作で全員にデータを送信できて時間の節約ができるのはもちろん、参加者が大人数でも回収し忘れる心配がありません。

 

そのほか、請求する金額を任意で指定できるため、注文の種類や途中退席による調整といった臨機応変な対応をすることもできます。

 

paymoは代表者だけでなく、全ての人にメリットがあるのが特徴です。

 

代金の総額を代表者がクレジットカードで精算して現金で回収となれば、旨味があるのはカードの利用でポイントが貯まった代表者だけになります。

 

しかし、このアプリは自身が所有しているクレジットカードで支払いをすることができることから、参加した全員が同様にポイントを貯めていくことができるのです。

 

こうした平等性もpaymoならではの魅力と言えます。

 

paymoを使う時の注意点

 

前述したように、paymoの利用には数多くのメリットありますが、気をつけなくてはいけない点もいくつかあります。

 

まず一つ目がレシートの受け取りです。

 

このアプリを使って参加者にデータを送信するためには、金額の入力と共にレシートの撮影が必要不可欠になります。

 

このレシートは金額だけでなくお店の名前と精算した日付が確認できることが条件です。

 

そのため、店員の手書きによる物や日付が記入されていない場合はアプリを利用できないので注意が必要です。

 

また、アプリによる精算はお店を利用した日から1ヶ月以内に行わないと無効になるので、できる限り早めに行うことが重要になります。

 

そのほかの注意点として挙げられるのが残高の期限です。

 

paymoの残高は利用のないまま一定期間を過ぎてしまうと自然に消滅してしまうことがあります。

 

期限については設定されていませんが、1年程度が目安と言われていることから、長期間の放置は避けて定期的に支払いや口座から出金を行うことが大切です。

 

注意点を把握した上で便利に活用する

 

paymoは金銭のやり取りによる個人間のトラブルを防いだり支払いによるポイントが得られるなど全ての人が平等にメリットを得ることができます。

 

一方で、利用をするための条件や使用期限などいくつかの注意点があることも忘れてはいけません。

 

アプリを利用する時は、こうした注意点についてしっかりと理解をした上で、活用して行くことがポイントになります。