話題の送金アプリKyash(キャッシュ)を分かりやすく説明

キャッシュレス化にすると現金を持ち歩く必要性がなくなるのと、使用履歴が契約した企業に随時報告されるのでポイント還元などのサービスを受けられます。

 

そんなキャッシュレス化が進められて行く中で、これから需要が伸びると期待されているのがKyash(キャッシュ)です。

 

このKyash(キャッシュ)とは何なのか、そして利用することによる利点や注意点などを紹介します。

 

Kyash(キャッシュ)とは送金アプリのことです

 

Kyash(キャッシュ)とはスマホに専用アプリをダウンロードすることで送金できる仕組みのことです。

 

使い方はとても簡単で、自身のスマホにグーグルプレイやアップルストアからKyash(キャッシュ)をダウンロードします。

 

ダウンロードしたらログインし、ヤフーやグーグルなどで作成したメールアドレスとパスワードそしてスマホに登録している電話番号を記録を記載します。

 

この時にメールアドレスではなくツイッターやフェイスブックといったSNSのアカウントを登録しておくと、実際に使用した記録がSNSに記録されるのでどれくらい使ったのか確認ができるのでお勧めです。

 

これらの情報の記載が終了すると、Kyash(キャッシュ)からデビットカードの同じ効力を持つVISA機能を持ったバーチャルカードが発行されるので契約は完了です。

 

スマホ決済になれていないので使うのに不安であれば、Kyash(キャッシュ)に依頼すればバーチャルではなく同じように使用できる本物のカードを発行することも可能です。

 

契約が完了したらカードには送金番号が記載されているので、銀行のATMやネットバンクの預金からチャージすることによって入金が可能です。

 

スマホから入金が確認出来たら、後は電子決済ができるネット通販やお店で発行したカードもしくはスマホのアドレスを送信することで入金した支払いが可能ということになります。

 

さらに支払いだけでなく、例えば親族間や友人間で情報を共有していればKyash(キャッシュ)を通じて送金することも可能です。

 

Kyash(キャッシュ)のメリットとデメリット

 

Kyash(キャッシュ)のメリットはスマホにアプリケーションをダウンロードし入金するだけで、いちいち財布を持ち歩くことなく買い物ができる点です。

 

それ以外ではクレジットカード同じくVISA機能を持っているので、Kyash(キャッシュ)を使用すればするほどポイントがたまり割引や商品引換などのサービスを利用することが可能になります。

 

逆にデメリットとしては限度額が決められており、1日に送金できる金額というのは3万円以上はできないようになっています。

 

これはカード情報が何らかの方法で盗まれた場合を想定して、3万円に固定することで不正送金のダメージを軽減するために行っています。

 

そしてKyash(キャッシュ)自体がまだ新しい取り組みなので、ネット通販では使用が可能ですが実店舗だと使用ができない場合が多いです。

 

Kyash(キャッシュ)はこんな人におすすめ

 

Kyash(キャッシュ)は個人で使うのもよいですが、やはり団体で行動をするときに使用するのが望ましいです。

 

誕生日プレゼントや飲み会などで支払いをするときに、現在では若い世代を中心に負担軽減をするための割り勘をすることが増えています。

 

ただ割り勘をする場合は合計金額であらわされるため、決済の際にいちいち計算しないといけないため時間がかかってしまいます。

 

なにより内訳で一人当たりの利用料金が違うのに一律負担にしてしまうと利用金額が少ない人が損をしてしまいます。

 

そこであらかじめKyash(キャッシュ)のアプリを全員が登録して起き、決済の際に個人がすべて支払った後にKyash(キャッシュ)を利用することで割り勘金額を送金すれば埋め合わせが可能になります。

 

Kyash(キャッシュ)はこれから主流になる可能性を秘めている

 

キャッシュレス化にすることで現金を持ち歩く必要がなくなるだけでなく、先に言ったとおりに使用した人間の情報が記載されるのでポイント還元がしやすくなります。

 

キャッシュレスはクレジットやデビットといったカード支払いが一般ですが、カードは紛失するリスクもあるのでスマホによる決済は安全性を考えると数年後には主流になる可能性を秘めているのです。