J-Coin Payの特徴と出来ることを紹介

J-Coin Payはみずほ銀行が提供しているスマホ決済サービスです。
2019年3月に開始されたサービスでありながら、どんどん利用者を拡大しているサービスとなっています。

 

お金に関する様々な行為をスマホ完結で行うことが出来ます。

 

このアプリの特徴や出来ることを紹介していきます。
みずほ銀行の口座を持っている方にはとっては特に必見の内容です。

 

J-Coin Payにはどのような機能があるのか

 

J-Coin Payの機能は入出金、送金、決済という3つに大別することが出来ます。

 

入出金とは具体的にアプリへのチャージと、口座に戻すことを指します。

 

登録している預金口座との間で好きなように無料での入出金が可能となっています。

 

送金には送る機能だけでなく、送ってもらうことも出来ます。

 

友人や家族など電話番号がわかる方に簡単に送金することが可能です。

 

電話番号が分からなくてもQRコードでの送金が出来ます。

 

決済手段としても非常に便利になっています。

 

大規模店舗だけでなく、地方や小規模店舗であってもスマホだけで支払うことが出来ます。

 

キャッシュレス化の進む時代にぴったりのアプリといえるでしょう。

 

J-Coin Payの使い方

 

J-Coin PayはApp StoreやGoogle Playからダウンロードすることが出来ます。

 

ダウンロードが完了したらみずほ銀行の預金口座を登録します。

 

それだけで後はアプリ上で入出金や送金、決済などを自由に行うことが出来ます。

 

アプリは非常に分かりやすい仕組みになっているので、アプリ上に表示されるシステムに従っていくだけで問題はありません。

 

スマートフォンの性能もそこまで高いものが求められるわけではなく、QRコードの読み取りを行えれば十分です。

 

QRコードでの送金を行う際にはアプリがカメラにアクセスすることを許可しなければなりません。

 

読み取るときには枠内にコードの四隅が収まるようにしましょう。

 

J-Coin Payのメリットとデメリットについて

 

J-Coin Payにはたくさんのメリットがあります。

 

その1つは全ての手続きを無料で行えることです。

 

このアプリには手数料がありません。

 

そのため、好きなように送金をすることが出来ます。

 

細かく入出金してもコストが全然かからないことは大きなメリットといえるでしょう。

 

また、口座から引き落とさずにアプリから送金できることもメリットです。

 

お金を送るためにはATMを使うか、現金で持っていくかというのがこれまでの一般的な方法でした。

 

しかし、ATMを利用するためには銀行まで移動しなければなりません。

 

また、現金で直接渡すことにはセキュリティ面でのリスクがあります。

 

J-Coin Payを使えば銀行に行くことも、引き落とすこともなくお金を送ることが出来ます。

 

電話番号とQRコードのどちらからでも送金できることも利点です。

 

お金を口座に戻すことが出来ることもメリットとなっています。

 

キャッシュレスアプリの中には入金は出来ても、口座に戻すことは出来ないというものが少なくありません。

 

J-Coin Payの場合は口座から一度取り出したものを元に戻すことが出来ます。

 

利用可能な銀行は今後増えていくことがホームページ上で明言されています。

 

ますます利便性が高くなっていくことでしょう。

 

デメリットはあまりありませんが、強いていうならみずほ銀行の口座が必要となることくらいです。

 

みずほ銀行が提供サービスなので仕方のないことではありますが、みずほ銀行の口座を持っていない場合は口座を開設してから利用を開始する必要があります。

 

スマホ側のセキュリティをしっかりと整えていないと、スマートフォンを落としたときにリスクがありますが、それはどのキャッシュレスアプリにも言えることです。

 

現金を下ろさなくても良い

 

J-Cost Payは銀行が提供しているキャッシュレスアプリなので信用性が高く、手数料などを無駄に取られてしまうこともありません。

 

現金を下ろさなくても送金できるおかげで安全性も高いので、高齢者の方にもうってつけです。

 

今後使える銀行やお店が増えていくとホームページ上で明言されているので、一層利便性が高くなっていきます。