送金アプリの不正利用の危険性について

非常に便利でどんどん普及している送金アプリですが、注意しなければ不正利用のリスクが生まれてしまいます。不正利用の中にはユーザー側で対処できるものも多いので、その手口を知っておくことが重要となります。そこで送金アプリの不正利用の情報や、どういった特徴を持つ送金アプリに危険性があるのかについて解説します。

 

送金アプリの不正利用の手口

 

送金アプリの不正利用にはいくつかの種類がありますが、中でも多いのが乗っ取りによる不正利用です。

 

送金アプリは口座との連携が行えるようになっているものが多いので、乗っ取られてしまうと口座からどんどんお金を抜き取られてしまいます。

 

不自然な送金が繰り返された場合は、利用者に向けてそのことを知らせるサービスを行っている銀行もあります。

 

しかし、知らされたころには既に口座から現金が大量に抜き取られた後というケースが多いので、定期的に履歴を確認しておくことが重要となります。

 

送金アプリの不正利用の中には送金先を勝手に変えるというものもあります。

 

送金アプリでは送金先と金額を指定します。人によっては送金先をほぼ固定しているという方も少なくありません。

 

そこに不正アクセスを行い、送金先を勝手に変えてしまうという不正利用の手口も存在します。

 

この方法がとられてしまった場合、知らず知らずのうちにお金を不正利用者の口座へと送ってしまうことになります。

 

自分の送金先の口座を確認し、確実に正しい送金が出来ているかをチェックしておきましょう。

 

不正利用が見つかった場合はどうする

 

送金アプリの不正利用を見つけた際にはすぐに銀行に連絡して、凍結などの措置を取ってもらう必要があります。

 

その後、不正利用がなされたことを証明できれば、損失分を補償してもらえるケースが多いです。

 

銀行では利用者の通常の使用状況をいつでも確認出来る状態にあります。

 

その通常の使用状況と比べて、明らかに違和感のある利用があった場合は不正利用の可能性があると判断されます。

 

その上で利用者から不正利用された旨を詳しく聞くことで、正式に不正利用があったと認めることになります。

 

不正利用であると証明できた場合には補償の対象になるといえるでしょう。

 

ただし、最近では不正利用者側も工夫していて、違和感の少ない不正の方法を生み出しています。

 

必ずしも不正利用を証明できるわけではないので、まずは不正利用されないことが重要となります。

 

不正利用されないために出来ること

 

不正利用されないためにはまず送金アプリのセキュリティ面をチェックしておくことが重要です。

 

大手の銀行がリリースしている送金アプリはセキュリティ面が充実していることも多く、そう簡単にハッキングなどをされることはありません。

 

また、万が一不正利用された場合にどれくらいまで補償されるかについてもチェックしておきましょう。

 

不正利用を防ぐためには登録の時から気を付けることが大切です。暗証番号は推測されないものを選びましょう。

 

登録の際に公共Wi-Fiを利用しないことも重要です。

 

公共Wi-Fiの中には偽物が存在し、それを利用してしまうとスマートフォンの画面が丸見えになってしまいます。

 

その結果暗証番号も筒抜けになります。家のWi-Fiかモバイル通信で登録をすることで、その内容を見せずに登録可能です。

 

送金アプリをインストールしているスマートフォンを置いた状態でトイレに行ったり、職場に置きっぱなしにしたりすることがないように気を付けることも重要となっています。

 

不正利用を予防しましょう

 

不正利用の中にはユーザー側にはどうしようもない手口もありますが、大半は気を付けることで予防可能となっています。

 

送金アプリは非常に便利なので使っていく中で軽い気持ちで使うようになるケースも増えます。

 

そんな中でも口座の入出金履歴などを細かくチェックし、万が一の不正の際にはすぐに対処できるようにしておきましょう。