送金アプリの活用方法や比較するポイントを解説

現在、スマートフォンを活用した個人間送金アプリが次々と誕生しています。

 

非常に便利なアプリだといわれていますが、使い方が分からなかったり、どの送金アプリが良いか迷ったりしている人も少なくありません。

 

そこで今回は、送金アプリの仕組みや活用方法、注意点について紹介します。

 

さらに、送金アプリを選ぶときのポイントも解説します。

 

送金アプリの仕組みや具体的な活用事例

 

現在キャッシュレスが普及するとともに、個人間での送金方法にも変化が出てきました。

 

送金アプリが誕生したこともその流れであり、銀行を介さないで個人同士で送金しあえるようになったのです。

 

通常銀行を使った送金では、振込手数料が発生します。

 

しかし送金アプリを利用すると、送金手数料がかからずに相手にお金を渡すことができます。

 

また個人間送金以外でも、コンビニやお店での支払いに使える送金アプリも存在します。

 

まず相手からお金を受け取りたい人は、送金アプリで請求をかけます。

 

そして相手に送金したい人は、あらかじめアプリ内に残高としてチャージしておきます。

 

チャージ方法には銀行口座やコンビニ店頭支払いなどがあります。

 

もし手動でチャージするのが面倒であれば、オートチャージ機能を設定することができます。

 

チャージ金額が一定の残高より下回ったら、銀行口座から自動的にチャージされる仕組みです。

 

ただし、チャージ機能は各アプリによって異なることに注意が必要です。

 

送金アプリの具体的な活用事例は実に様々です。
例えば、飲み会の支払いで割り勘をしたいときに送金アプリは有効です。

 

誰かが全額を立て替えておけば、後から個々に請求することができます。

 

これならば飲み会の席でわざわざ計算する手間が省けます。

 

また旅行やイベントで参加者から集金をしたいときや、みんなでお金を出し合ってプレゼントを贈りたいときにも送金アプリが使えるのです。

 

つまりみんなでお金を集めて何かをするときに、送金アプリが役立つでしょう。

 

送金アプリ初心者にもオススメ3選!

  1. PayPay
  2.  

  3. Yahoo!ウォレット
  4.  

  5. よろペイ

 

送金アプリの注意点とは

 

銀行を介さずにお金のやり取りができたり、小銭を出さないでお金を集金できたりできる送金アプリ。

 

活用できる場面はたくさんあり、非常に便利だと感じている人は多いです。

 

しかしその一方で、使用に関する注意点も存在します。

 

それは送金アプリによっては、運転免許証や健康保険証などを撮影して送信し、本人確認を行うものがあることです。

 

何故なら、マネーロンダリングなどの不正を防ぐ必要があるからです。

 

さらに残高の有効期限が設定されている送金アプリもあるため、使用する前にしっかり確認しなければなりません。

 

安心して利用できる送金アプリ3選

  1. paymo (ペイモ)
  2.  

  3. J-Coin Pay
  4.  

  5. PayPal

 

送金アプリを選ぶポイントとは

 

送金アプリと一口にいっても、現在は数種類のアプリが運用されています。

 

そのため、数ある送金アプリから自分に合ったものを選ばなければなりません。

 

送金アプリを選ぶポイントには大きく3つあります。
1つ目は銀行口座に出金できるか否かです。

 

何故なら、支払方法が銀行口座引き落とし限定であるものが多いからです。

 

知人から送金アプリで受け取ったお金を、公共料金の支払いに充てたい人もいるでしょう。

 

電気やガスや水道は今でも銀行口座引き落としであることが多く、口座に出金できなければ非常に不便なのです。

 

2つ目は銀行口座に出金するときの手数料です。

 

何度も銀行口座に出金する機会があるならば、出金手数料もしっかり確認することをおすすめします。

 

3つ目はお金のチャージ方法です。

 

送金アプリによってクレジットカードのみだったり、銀行口座やコンビニ店頭支払いだったりします。

 

また頻繁にチャージする人であれば、オートチャージ機能の有無で選んでみても良いでしょう。

 

応用性の高い送金アプリ3選

  1. Money Tap
  2.  

  3. pring(プリン)
  4.  

  5. Yhoo!ウォレット

 

自分にあった送金アプリを選ぼう

 

みんなからお金を集める必要があるときに、活用するととても便利な送金アプリ。

 

ただ送金アプリ自体、まだ始まったばかりのサービスであるため馴染みのない人が多いです。

 

しかしキャッシュレスが普及するにつれて、活用する場面はいずれ増えてきます。

 

使用時の注意点や、送金アプリを選ぶポイントをしっかり確認して、自分にあったものを選びましょう。

 

送金アプリ選びで重要なこと|安全に利用するために

送金アプリを利用するときに誰もが完璧に使える便利なツールと言うには送金、出金、決済ができなくてはなりません。

 

この機能をアプリで行いユーザーに提供するには日本の法律で定められている資金移動業者として金融庁に登録されている必要があります。

 

もしこの登録が行われていないとKyashのように現金の引き出しができないということになります。

 

資金移動業登録は組織の財務的な基盤、組織の整備など預かっているお金を安全に管理できる仕組みが必要となるので気軽に参入することができません。

 

もし送金アプリ選びで迷ったら使いやすさや安全性を考えて選んでみても良いでしょう。

 

その基準となるの一つがこの資金移動業登録を行った業者と言えるのです。

 

厳しい国の審査を通過して初めて登録できる事業者登録制度なのでこうした選び方をする人もいるでしょう。

日本で実際に使われているその他の送金方法

お金の受け渡しで送金アプリはまだまだ世の中では浸透していないことや実際に利用するときの手間が面倒という点で利用を見合わせている人もいるでしょう。

 

そんな人でもこんなお金の受け渡しをしている人がいます。いくつか例を挙げてみましょう。

 

  • amazonギフト券
  • iTunesカード
  • グーグルplayギフトカード
  • nanacoギフトカード
  • WebMoney

 

上記の項目は簡単に送金する方法として実際に利用されているギフト券です。

 

実は、若い世代ではAmazonやAppleストア、セブンイレブン、各ネットショップなどで実際にお金として使えるデジタルギフト券をお金代わりにほしいという人が結構いるのです。

 

理由は簡単です。

 

amazonギフト券を送ってほしいという人は日頃からAmazonで日用品や食料品など購入する人です。iTunesカード、グーグルplayギフトカード、WebMoneはゲームの課金をよくする人。nanacoカードはセブンイレブンでnanaco払いでよく利用する人。

 

つまり共通点は最終的には利用することがわかっているので現金同様支払いができるギフト券で済ますのです。

 

送金方法は口座情報を伝える必要はなく、メールやSNSなどWeb上で簡単にできるのです。

ギフト券はリセールバリューが高いので使わなくても高値で換金可能

もしデジタルギフト券をつかわなくてもamazonギフト券、nanacoギフト券カードなどのユーザーが多いものだと買取サイトなどで90%以上の高値で換金することができます。

 

こうしたリセールバリューが高いことからもデジタルギフト券が送金手段として利用される理由と言えるでしょう。

 

送金アプリよりももっと身近で簡単に送ることができるのでアマギフ送ってという人がこれからも増えてくるのではないでしょうか。

 

最近では条件の良い買取業者を紹介しているサイトなどもあって利用方法まで丁寧に解説しているWebサイトもあるので参考にしてみるといいでしょう。

 

換金率や土日の対応など使い勝手の良い買取サイトまとめや利用方法がわかるamazonギフト券買取業者50社から口コミ比較【ギフトク】ではamazonギフト券だけでなくiTunesカードやグーグルplayギフトなどの買取情報も掲載しているのでおすすめです。

Update Record